企業主導型保育事業とは

企業主導型保育事業は、平成28年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度です。企業が従業員の働き方に応じた柔軟な保育サービスを提供するために設置する保育施設や、地域の企業が共同で設置・利用する保育施設に対し、施設の整備費及び運営費の助成を行います。

企業主導型保育事業の特色として、次のような点が挙げられます。

・企業が自社従業員の働き方に応じて、多様で柔軟な保育サービスを提供することができます。夜間や土日、短時間や週2日んみ働く従業員への対応なども可能です。
・複数の企業が共同で設置したり、共同で利用することができます。
・地域の子供を受け入れる事により、施設運営の安定化を図ったり、地域貢献を行うことができます。
・認可外保育施設でありますが、保育施設の整備費及び運営費について、認可施設と同程度の助成を受けることが出来ます。<引用:内閣府ホームページ>